Reimy’s Twitter まとめ

Twitter @Reimylla_alll の纏め&追加修正

飢えた男の寓話

周りの敵国から日本を守りたい
でも、どうやって守ったらいい?
政府が守ってくれる?
今も必死に頑張ってくれているんだろうけど、それで守りきれるかわからない
ならば、自分に何が出来る?

本当に敵だらけだ
敵同士が組んでいないからまだいいものの
敵達はみんなそれぞれで日本を自分の手中に収めようとしている
冗談じゃない!とは思うものの
それに迎え打てるだけの力が無い
やっぱり最後は力なのか
力で押されて負けるのか

お行儀や正義だけでは国まで取られる
もう取られそうになっている
やっぱり自衛力は絶対だ
この今の危機が証明だ

歴史の中で勝ち残ってきた国と負けた国
一体何が違っていたか
アメリカは何故日本に勝てた?
中国は何故勝者グループに属していた?
ドイツは何故負けた?
日本は…
何を持っていて何を持っていなかった?

日本は何故こんなにも多くの中国人や韓国人を自分の国の中に招き入れてしまった?
何故そんなに“おもてなし”してしまった?
日本に足りなかったものは何?

寓話がある
飢えた男が食べ物を恵んでやって来た
主人は気の毒に思って与えた
次にまた飢えた男がやって来た
「くれよ」と
主人は態度に違和感を覚えつつ与えてしまった
3度目にやって来た
主人は断った
すると、

男は殴り掛かって来た
そして、食べ物は奪われた
主人は長老に相談しに行った

長老は棒を手渡し「戦え」と言った

また飢えた男がやって来た
主人は死に物狂いで戦った
そして飢えた男を追いやった

飢えた男はもう来なかった

日本人はずっと優しくしろと教えられ
その様にして来た
でも生き物の本質として、失ってはならないものがあるのではないだろうか

主人は3度目で気付けたけど、日本は?
そして敵も簡単に諦めたりしないタイプだ
この話の様に上手くいくかはわからない

でも、このままで行けば、主人は食べ物だけでなく家も土地も全てを奪われるだろう


 

広告を非表示にする