Reimy’s Twitter まとめ

Twitter @Reimylla_alll の纏め&追加修正

【領土の問題に過去50年を期限とする案】

【領土の問題について思うこと】

過去遡る事50年を考慮期間と決める
古く遡ればもうキリが無いから

例えば200年も昔の事を持ち出して
「ここは元は自分達の土地だった」
と言われても、それは通らない

「じゃあ1000年前はうちだった」とも言えてしまう

故に、ここ最近、50年の間にどういう形になっていたか
言わば“時効”を設ける

この50年間の状態で決める

50年前からずっと自分の家だったなら
もうそこはその人の家である

尖閣諸島はここ50年、ずっと誰もが疑わず日本の島だった

急に「元はうちの島だった」と言い出されても、それは通らない

向こうだって日本の島と認めていた記録が残っているんだから

世界各地で起こる領土問題にも
これは適応出来ると考える

50年という年数には根拠がある

人の寿命を考えた時
一生の流れを感じ取る時

子供の頃から住んでいて
60歳ぐらいになった時
他人が「そこ、俺の土地だから」とやって来られても
「何言ってるの、俺は子供の時からずっとここに住んでる。

ここが俺の家じゃないなんてあり得ない」
と、誰もが感じるからだ

感覚的に誰もが納得する年数という事で
50年を時効にしたらいいのではないかと導き出した

だから細かく考えると、もしかしたら40年でもいいかも知れない。

でも、100年前の事を持ち出されても、それは通らない。
ほとんどの人が亡くなっているし、
記憶が鮮明かどうか怪しくなるからだ。

100年前の歴史が捏造されている世の中の状況を知れば知るほど、そう思う。

尖閣諸島は間違いなく日本の島だ。
10年前ぐらいから突然やって来て
「何々時代は中国のものだった」なんて話は通らない。
資源目当てである事も明確。
余りに行儀が悪い
もっと言えば、強盗だ。

細かく言うと
他国が異議申し立てをして来た日から数えて過去50年ということ。
今は既にいちゃもん付けられてから数年経っている
いざこざ期間を入れたら50年経ってしまうかも知れない
ここの線引きは明確に。

70年ではダメな事が証明済だ
戦後、どれだけ事実が曲げられて来たか、現状が物語っている

記憶や記録が曖昧な70年では、もう重要な事を決めるには長過ぎる

やはり、50年以内が妥当だと思う。

この取り決めをすると他にもメリットがある

紛争が長引かない

50年を振り返るだけで、即答えが出るからだ

そして、50年を区切る事で
紛争を長引かせないようにしようという意識も高まるからだ

のらりくらりでどっちつかずな状態をダラダラと長引かせるのはやめるべきだ
問題を先送りにしている
先送りされた未来の人は、情報が乏しくなるので明確な事を決められなくなり
結果、自分の大事な領土を奪われることになってしまう

そんなバカな事はやめるべきだ

「のらりくらり外交がいい」という意見の人も居るが
それはその人にとっていいだけで
未来の人には大迷惑な話なのだ

事情をよく知らない人に、勝手に押し付けるべきではない

自分の代で起きた問題は自分で対処するべきだ

政治家とはそういうものだ

「自分はあと10年持てば切り抜けられる」
と考えるような人なら志ある人に役目を譲ってくれ

大変な身の危険の中で
日本の為になるならと命をかけて戦ってくれている人がいる
そういう人に役目を譲るべきだ